予防注射と蕎麦屋の出前

組織改革を行う上で重要なのは準備段階です。

実際に改革を始める前の仕込みで勝負は半分
決まっています。

例えば、会社の表も裏も知り尽くしている社員に
やめてもらわなきゃいけない時。私たちが支援に
入る場合、まずこんな感じの話をします。


これからいろいろな相手と駆け引きに入ります。
そうすると、こんなことが起こります。

労務担当の社員を脅す。「こんな内容をオレは
握ってる、本社にバラすぞ」と経営者を脅す。
「中央の視察団が通る道沿いのビルから飛び
降りてやる」と騒ぐ…などなど。

脅しや攻撃、あることないこと言って本社に泣き
つく、自分は不当に解雇されようとしているから
助けてほしいと陳情メールを全役員にばらまく。

実際、こういう相手を何度も見てきました。

ただ、これらは全部「よくあるパターン」です。

相手は現実を受け入れたくない、または、できる
限り会社から金をぶんどって辞めたいと考えて
いるので、思いつく限りの抵抗をします。

皆さんはそれに乗っかっちゃダメです。冷静に
対処してください。それから、本社にも事前に
言っておいてください。

「こういう社員とこういうことがあったので、
こういう対処をします。その過程で、もしか
したら本社にこういう連絡が入ったり、本社から
見ると『おいおい、大丈夫か』ということが
あったりするかもしれません。

しかし、これらはすべて想定の範囲内。ある意味
正常なプロセスです。最終的にはこう収束させ、
こう終わります。

いまマズいのは動揺して『待て待て、話を聞こう
じゃないか』と相手の動きに乗ってしまうこと
です。

これをやると相手は勢いづき、がんばってゴネる
気になります。落とすべきところに落とせなく
なりますよ」

このように、先に本社や、後ろから弾を撃って
きたら困る人たちに予防注射を打っておけば、
実際にそういうことが起きても「やっぱり出て
きたねぇ!」で終わりです。

ところが予防注射を打たず、「これから処分
します。大丈夫です、現地の方でやります」と
やってしまうとどうなるか。

本社にブラックメールが来るわ、役員に泣きが
入るわ、客先にあることないこと内部告発風の
メールやFAXが送られるわ…という相手の攻撃は
大きな効果を上げます。

大騒ぎになり、本社や上層部から「おいおい何を
やっとるんだ」「強引なやり方をしとるんじゃ
ないか」「早く穏便に済ませろ」などと弾が
飛んできます。

こうやってから慌てて「今から対応するところ
です」「これも正常なプロセスですから安心して
ください」などと言っても蕎麦屋の出前、信用
されません。

「現地に任せておけない。お前らは手を出すな。
本社で預かる」なんてことになると、相手の思う
つぼ。相手ペースにはまります。

今回の相手や社内の問題児予備軍は、騒げば
本社を引きずり出せる、本社を引っ張り出せば
和解金を釣り上げられると学習します。

こうなると、現地経営者が規律確保することは
もはや困難。底が抜けた状態となります。

最悪の場合、ダメなものはダメと規律を正した
改革リーダーに失敗の烙印が押されたりして、
彼らを潰してしまいます。

同じことでも、事前に仕込むのと、事後に対応
するのでは天と地ほどの違い。改革を起こす前の
準備は本当に大事です。

(2019年9月10日 JETROミニ勉強会より)

Contact Us

お問い合わせ&相談予約フォーム

こちらから相談予約受付中!ビデオ相談・メール相談でお話を伺います

初期相談は全て無料です

弊社のような専門業者への相談はいろいろハードルが高いと思いますが初期相談はすべて無料です。

営業担当者も置いていないため追客行為も一切行いません。

課題に手をつけず化膿する・後手に回る・損失拡大する前に、とりあえずご相談ください。

お申込みフォームからお問い合わせ・相談予約

メールフォームにて24時間受け付けています。

リモート相談のご予約もこちらからどうぞ。

お問い合わせフォームに進む>

メール/電話でのお問い合わせ・相談予約

メール

中国 022-2325-1521(日本語)

日本 03-6822-4350

Zoom / Teams / WeChat / Skype など、ご希望のオンラインツールでリモート相談も承ります。

Contact Us

お問い合わせ&相談予約フォーム

こちらから相談予約受付中!ビデオ相談・メール相談でお話を伺います

初期相談は全て無料です

弊社のような専門業者への相談はいろいろハードルが高いと思いますが初期相談はすべて無料です。

営業担当者も置いていないため追客行為も一切行いません。

課題に手をつけず化膿する・後手に回る・損失拡大する前に、とりあえずご相談ください。

お申込みフォームからお問い合わせ・相談予約

メールフォームにて24時間受け付けています。

リモート相談のご予約もこちらからどうぞ。

お問い合わせフォームに進む>

メール/電話でのお問い合わせ・相談予約

メール

中国 022-2325-1521(日本語)

日本 03-6822-4350

Zoom / Teams / WeChat / Skype など、ご希望のオンラインツールでリモート相談も承ります。