19. ベテラン部下との付き合い方 ②

 ややこしそうなベテラン部下との付き合い方について。前回は「純粋・素朴な質問の形で牽制球を投げる」を紹介しました。今回は「部下に相談してみる」。上から指示されてカチンとくることはあっても、誰かから相談されて嫌な気分になることは少ないと思います。相手が上司だったりすればなおさら。

 相談する際のポイントは、最初のうちは本気の深刻な相談はしないこと。相手が答えに窮したり、「なんで私に聞くの?」と戸惑ったりするような質問を投げかけると、関係づくりにつながりません。

 例えば、「次回の部の食事会は、みんなが行ってみたい最近人気の店にしたいんだけど、いいところ知ってる?」とか、「月末に日本から僕の家族が遊びに来るんだけど、二泊ぐらいで行けるいいところあります?」とか。これらであれば、何かのコメントはもらえるでしょうし、どんな反応がかえってきても「ありがとう♪」で終わらせることができます。

 少し関係構築できてからの応用編で、部下たちから嫌がられそうなことを先にベテラン部下に相談するのもお勧めです。「実は本社から、こんな現地調査の依頼が来てて。みんな忙しいのに参りますよねぇホント。ただ、専務の発案らしいので放置はマズいです。来週の展示会準備があるのに、みんなにも答えてもらわなきゃいけないんですけど、どう頼んだら引き受けてくれますかね」。

 部下がこれにどう答えたとしても、成り行き上、彼らが先頭に立って反対するリスクも下げられるはずです。

2019.10 BizChina誌

お問い合わせフォーム

今現在、課題をお抱えの場合

経営者の仕事は、早く経営の成果を出すこと。利益体質を確立すること。万一現状維持すればするほど損失が大きくなるのであれば、早めに決断をくだすこと。悩まず即解決して先に進みましょう。労務・人事・組織・法務などで迷いや悩みがあったら、まずメールか電話で気軽に相談してください。

電話:+86-22-2325-1521(日本語)

受付時間:平日9:00~18:00(日本時間)

メール