35.「95后」が主流の時代…変化の背景にあるもの

この稿を書いているのは2月頭。新型コロナは依然として収束の兆しを見せません。春節を勤務地で過ごす仕事人(日本人駐在員も含め)が多く、いつもとは違う様子の迎春でしょう。各国でワクチン接種が徐々に進みますし、来年の春は家族団らんで迎えられるとよいですね。

さて、何回かにわたり「95后の若者はどうも勝手が違う」と書いてきました。これを前提にすると、当然「なぜなんだろう」という疑問が湧きます。こういう調査や分析を見たことがないため(もしご存じでしたら、ぜひお便りください!)、私なりに考えてみました。

新仕事人として社会に出てきた時点の考え方や言動に強く影響を与えているのは、家庭や学校の環境、それに接してきたカルチャーやメディアでしょう。

私の印象になりますが、1990年前後というのは中国の子供カルチャーにとって大きな節目だったように思います。一つは「ドラえもん」、もう一つは「小覇王」。どちらも90年代初頭から中国で広がりました。

小覇王は言ってしまえば中国版ファミコン互換機です。版権のことなど私には分かりませんが、80后の人たちと当時遊んだゲームの話をすると、ほぼそのままファミコンのタイトルです……

90年代は外国文化の黄金期だったと言えるかもしれません。ドラえもんやトムとジェリーなど海外のアニメが多々紹介され、カラオケが広がったのもこの時期でした。

2021.03 BizChina誌

Contact Us

お問い合わせ&相談予約フォーム

こちらから相談予約受付中!ビデオ相談・メール相談でお話を伺います

初期相談は全て無料です

弊社のような専門業者への相談はいろいろハードルが高いと思いますが初期相談はすべて無料です。

営業担当者も置いていないため追客行為も一切行いません。

課題に手をつけず化膿する・後手に回る・損失拡大する前に、とりあえずご相談ください。

お申込みフォームからお問い合わせ・相談予約

メールフォームにて24時間受け付けています。

リモート相談のご予約もこちらからどうぞ。

お問い合わせフォームに進む>

メール/電話でのお問い合わせ・相談予約

メール

中国 022-2325-1521(日本語)

日本 03-6822-4350

Zoom / Teams / WeChat / Skype など、ご希望のオンラインツールでリモート相談も承ります。

Contact Us

お問い合わせ&相談予約フォーム

こちらから相談予約受付中!ビデオ相談・メール相談でお話を伺います

初期相談は全て無料です

弊社のような専門業者への相談はいろいろハードルが高いと思いますが初期相談はすべて無料です。

営業担当者も置いていないため追客行為も一切行いません。

課題に手をつけず化膿する・後手に回る・損失拡大する前に、とりあえずご相談ください。

お申込みフォームからお問い合わせ・相談予約

メールフォームにて24時間受け付けています。

リモート相談のご予約もこちらからどうぞ。

お問い合わせフォームに進む>

メール/電話でのお問い合わせ・相談予約

メール

中国 022-2325-1521(日本語)

日本 03-6822-4350

Zoom / Teams / WeChat / Skype など、ご希望のオンラインツールでリモート相談も承ります。