06. 方針説明…誰のための演説?

 ある程度、管理体制のしっかりした会社では、各現地法人でも方針説明の機会を持っています。

 ここで気になるのは、現地従業員の反応。というか従業員の反応、気にしてチェックしていますか?

 「よく分からん」「なんでオレたちまで参加せなあかんのや」なんて心の声が多数だったら、熱心に方針説明すればするほど逆効果、ということにもなりかねません(いやいや、石の上にも三年だ、という方は、同じことを成長期の子供に続けた結果をイメージしてみてください)。

 実際、朝礼にお邪魔してお話を伺うと、グローバルな市場環境の話や各種重要指標の説明・比較などが続きます。正直、「自分がこの話を聞く意義を理解できる人は、10%もいるかしら」と考えてしまいます。

 現地幹部が理解できないのは問題です。彼らは自ら関心を持ち、課題意識を持って方針説明を聞く必要があります。しかし、それ以外の大多数の従業員については、理解できないのは彼らではなく経営者の責任です。彼らの給与や職務要件にも、方針理解の分は入っていないでしょう。

 方針説明を行うなら、まずは本人たちに重要性や意義が理解できる内容に絞る。伝え方も彼らが理解したり興味を持ったりできる形に調整する。もっと知りたい人には別の形で機会提供する。伝わってナンボですから、伝える工夫が大事です。

 そもそも方針や目標を従業員と共有していない、という経営者の方は、すぐ改めることをお勧めします。そのままでは組織が成長しません。

2018.09 BizChina誌

お問い合わせフォーム

今現在、課題をお抱えの場合

経営者の仕事は、早く経営の成果を出すこと。利益体質を確立すること。万一現状維持すればするほど損失が大きくなるのであれば、早めに決断をくだすこと。悩まず即解決して先に進みましょう。労務・人事・組織・法務などで迷いや悩みがあったら、まずメールか電話で気軽に相談してください。

電話:+86-22-2325-1521(日本語)

受付時間:平日9:00~18:00(日本時間)

メール