【Crewのひと言⑤】 新型コロナ期間の中国庶民事情 新型コロナ流行中の映画

こんにちは、Crewの張青青です。

今回は新型コロナ流行中の映画について話したいです。

中国では、春節の連休中に家族で映画館に行ってお正月映画を見ることが、多くの家庭の恒例行事になっています。ですから本来、春節は映画会社が興行成績を競い合う書き入れ時です。

しかし、折しも今年の春節は感染症拡大の真っ最中でした。映画館は閉鎖され、ほとんどの作品は公開延期になるか、オンラインでの上映を余儀なくされました。

春節の間、感染症のせいで私の家族はナーバスになっていました。

そんな中、TikTokを運営するバイトダンス社(字節跳動)が、春節公開予定だった徐崢監督・主演のコメディ映画『囧媽』の放送権を購入し、同社傘下の「今日頭条」「TikTok」「西瓜視頻」などのインターネットサービスを通して無料配信しました。

私の家族も一緒に座ってこの映画を見て、少しリラックスできました。

時季に合わせて製作した映画は、春節を逃してしまうと興行成績への影響が避けられません。でもネットと連携すれば、このリスクを回避することができます。

プラットフォーム会社側も、無料公開の機会を利用して自社アプリのダウンロード数を増加することが可能です。

春節後、確かに周りの友人のスマートフォンには「今日頭条」「西瓜視頻」などのアプリがダウンロードされていました。このやり方はウィンウィンと言えますよね。

感染症は私たちの生活に変化をもたらしました。映画のオンライン上映、在宅勤務など……。感染症流行が終わった後、さらに多くの映画がオンライン上映されるでしょうか。フリーランスで働く人が増えてくるでしょうか。

感染症流行が一刻も早く终わってほしいです。その時には、またこの世界の小さな変化を一緒に見つけましょう。


では、また次号で!

小島、Crew一同

お問い合わせフォーム

今現在、課題をお抱えの場合

経営者の仕事は、早く経営の成果を出すこと。利益体質を確立すること。万一現状維持すればするほど損失が大きくなるのであれば、早めに決断をくだすこと。悩まず即解決して先に進みましょう。労務・人事・組織・法務などで迷いや悩みがあったら、まずメールか電話で気軽に相談してください。

電話:+86-22-2325-1521(日本語)

受付時間:平日9:00~18:00(日本時間)

メール