pass Letter #162

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
pass Letter #162
発行:Dao and Crew
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この【pass Letter】は、弊社の会員サービスを
お使いの皆さんだけにお送りしています。

対象を限っているので、書きにくいような内容や
専門的な内容もお送りしています。

いきなりこのメールが届いて、「passって何?」
という新任者の皆さんは、とりあえず【pass会員
専用アドレス】までご返信ください。

前任者の皆さんが、「がんばった社員が正当に
報われ、バカを見ない組織」づくりをしようと
戦ってきた歴史とともに、passの活用方法を
お伝えする機会をつくらせていただきます。

【pass会員さん専用アドレス】
 qa-exp@daocrew.com

【pass法務版会員さん専用アドレス】
 qa-lyr@daocrew.com

──────────────────────
中国駐在必携の書が出ました!電子版もあります。
小島庄司著『中国駐在ハック』(日経BP)
www.amazon.co.jp/dp/4296105426/
www.nikkeibp.co.jp/atclpubmkt/book/20/278140/
──────────────────────


小島です。

この冒頭部分は、他の部分の編集が終わってから
書き始めるようにしています。

今回は、解雇実務における工会対応の内容が
かなり力の入ったものになったため(要はかなり
長くなってしまったということですが…)、ぜひ
実務解説の本文をご覧ください。

いつもお話することですが、私は「解決不可能な
課題はない」と私は思っています。

経営者がさじを投げて諦めた課題でも、解決の
方法はあります。

ただ、それが面倒だったり、一定のリスクを覚悟
しなければならなかったり(リスクと言っても
経営で許容できる範囲)するだけです。

解雇や工会対応は、時に頭の痛い課題であったり
しますが、解決は可能ですので、諦めず毅然とした
経営管理を貫いていただければと思います。

小島


…………………………………………………………
目次
【1】実務解説:解雇における工会の役割
【2】TSRコラム
   強気な条件交渉への抵抗感は
   発想の転換で乗り越える
【3】イベント案内
…………………………………………………………


──────────────────────
【1】実務解説:解雇における工会の役割
──────────────────────

●忙しい方向け超要約(15秒で読めます)
………………………………
□解雇においては工会への理由の事前通知が必要。
□工会の同意は必須ではない(ある方が無難)。
□協議同意での契約解除時は工会通知不要。


●詳細な解説
………………………………
新型コロナ感染症の流行は、企業に大きな影響を
与えました。業績面だけでなく、人員管理面でも
さまざまな問題が噴出し、これを機に問題社員の
対処に着手する企業が少なくありません。

弊社にも解雇に関する相談が殺到しています。

案件として解雇を準備・遂行していくなかで、
コロナ環境下における解雇という特殊性にも遭遇
しました。

私たち自身、いろいろな問題を経験しました。
今後、このレターで会員の皆さまにもお伝えして
いきたいと思います。

今回は、労働契約解除における工会の役割について
QAの形でお送りします。


Q.会社が従業員の解雇を決定し、その理由を工会に
 伝えたものの、工会が回答しようとしない。
 どう対処すればいいか。


A.解雇における工会の役割整理を含めてコメント
 させていただきます。

■工会への事前通知義務

中国の「工会法」「労働合同法」に以下の規定が
あります。

・使用者が一方的に労働契約を解除する場合、
 事前に理由を工会に伝えなければならない。

・使用者が法律の規定または労働契約の約定に違反
 した場合、工会は是正を求める権利を有する。

・使用者は工会からの求めについて検討しなければ
 ならず、検討結果を書面で工会に知らせなければ
 ならない。

まず、会社が一方的に労働契約を解除する場合、
工会に理由を事前通知する必要があります。

これが抜けると、解雇そのものが労働仲裁や裁判で
無効とされるリスクは極めて高いです。

一方、労使双方の協議同意による契約解除の場合、
工会への事前通知は不要です。

工会への事前通知が抜けたり、逆に一方的解除では
ない場合まで工会対応を苦慮されたりするケースが
ありますので、注意が必要です。

■工会の同意は必要か

もう一つの注意点は、工会の同意が必要かです。
法律上、会社の義務は「理由の事前通知」であり、
工会の同意まで要求されていません。

ただ、工会の権利として「問題がある場合は是正を
求められる」と定められており、会社は少なくとも
これについて検討する必要があります。

このため、後から労働仲裁や裁判で争うことを想定
すると、工会が「解雇を支持する」または「解雇に
異議はない」と意思表明した記録があればベストと
言えます。

#実際、このような工会回答の記録があると、
仲裁の実務では一般に有力な材料となります。

■工会が協力的でない場合どうするか

ただ、現実問題、工会が協力的でないことはよく
あります(工会の主席や役員が解雇対象の場合も
あります)。

・日常から経営に敵対的/非協力な工会である
・解雇対象者と工会上層部に利害関係がある
・従業員から反感を買いたくないという保身

こういった理由があります。

会社から解雇通知書を受領したが意見を出さない、
または通知書の受け取りさえ敬遠するケースも
見られます。

このような場合、無理に同意意見を得ようとせず、
会社側は対工会の責任をできる限り果たそうと
丁寧に対応した、という記録を残します。

具体的には、

①工会が解雇に反対する意見を提起したら、
工会の意見を検討し、検討結果を工会に伝える
(このようなやりとりを経たという記録を残す)。

②回答自体を拒むことが想定される場合は、
工会への通知書に「意見があれば○日以内に回答を
いただきたい」といった回答期限を設定しておく。
期限内に回答がなければ同意とみなす。

といった方法です。

このようなやりとりの記録があれば、仲裁員や
裁判官から「企業は工会と十分な意見交換に努め、
妥当なプロセスを踏んだ」と見なされる可能性が
高くなります。

仲裁や裁判でも「企業は工会からの反対意見を必ず
受け入れなければならない」「最終的に同意を得な
ければならない」という要求はまずありません。
そのように求める法的根拠もありません。

会社は法律規定を理解し、工会を尊重して丁寧に
解雇を実施ようとした、ということが示せれば
大丈夫です。

#ただ、このことと、仲裁や裁判で確実に勝訴
できるかは、また別の問題ですが。

■まとめ

以上を踏まえると、

仲裁や裁判の実務を考えると、工会の支持を得て
おくのが最も望ましい。

それが難しい場合は、工会からの意見を検討した、
工会からの回答を求めたなど、工会を尊重し、
丁寧に解雇を実施しようとしたという記録を残す。

というのが、解雇における工会対応の基本原則と
なります。

ご質問へのコメントとしては、

回答期限を設定して、工会に通知する(回答が
なければ同意/異議なしと見なす)。

通知書自体の受け取りを拒否するような場合は、
仲裁や裁判でネガティブな要素になるかもしれない
というリスクを織り込みつつ、通知は行った(が
書面受領は拒まれた)という記録だけ残して、
解雇を実施する。

という対応を推奨します。

ここで、工会対応に振り回されて、解雇すべき
情況において解雇できないという管理を行うと、
解雇後の仲裁リスクよりも深刻な組織管理上の
問題を抱えることになります。

できるだけリスクを減らす工夫はしつつ、会社の
経営管理の自主権は手放さないようにすることを
お勧めします。


今回の問題については以上です。
こういった案件で実務上の問題にぶつかったら、
ぜひお知らせください。検討させていただきます。


──────────────────────
【2】TSRコラム
   強気な条件交渉への抵抗感は
   発想の転換で乗り越える
──────────────────────

小島の連載コラム「失敗事例を活かして勝ち残る…
百戦負けなしの中国ビジネス」を、会員の皆さんに
添付でお送りしています。

掲載媒体は東京商工リサーチ発行『TSR情報中部版』
です。日本の読者さん向けに、他では書いていない
ネタもいろいろ出てきます。

月2回、本レター添付で配信しています。
どうぞご感想をお寄せください。

□コラム
Story009:「強気な条件交渉への抵抗感は
発想の転換で乗り越える」


──────────────────────
【3】イベント案内
──────────────────────

●6月のDACミニセミナー【無料】

この春から毎週水曜にオンラインで
ミニセミナーを実施しています。
気になるテーマの回にお立ち寄りください。

□6/24(水)12:30〜13:20(中国時間)
【中国の組織づくり】
「組織改革の3ステップ」

□7月のご案内は数日内にお送りします♪


#お申込み・ご案内詳細は弊社ウェブサイト
「セミナー・講座」からどうぞ!
https://www.daocrew.com

見逃した方は、YouTubeチャンネルでも公開して
います。ぜひチャンネル登録してご覧ください
(中国からダイレクトには見られませんが…)。
→www.daocrew.com/youtube



●編集後記
…………………………………………………………
皆さん、こんにちは。張岩です。

レターや宣伝でご存知の方も多いと思いますが、
最近、DACではほとんど毎週のようにオンライン
セミナーを開催しています。

今日は「反省会」の様子から舞台裏を紹介します。

毎回セミナーが終わると、実施前から事後対応まで
段階ごとに関係者全員で振り返り、今回の収穫や
要改善点、その方法を検討して、次のセミナーに
活かすようにしています。

例えば「準備段階」では、テーマの設定や音楽の
選定、教材の用意、設備の調整、各所で必要な
道具の用意などを振り返ります。

「実施段階」では、当日のオープニングまでの
対応、事務方説明、画面や音声の状態、講師の話
(スピード・表情・時間管理・内容など)、自由
交流時間の対応、音楽のタイミングなどが反省の
対象になります。

私は最近、セミナー開始前の事務局の様子を録画
する係になりました。

講師だけでなく、講師以外の事務局の映像を録画
しておけば、事務局の段取りや作業の反省材料に
なる…という意見が、反省会で出されたためです。

こうやって毎回ブラッシュアップしていけば、
皆さんにお届けするセミナーも回を重ねるごとに
少しずつよいものになると信じています。


では、また次回!

小島、Crew一同

Contact Us

お問い合わせ&相談予約フォーム

こちらから相談予約受付中!ビデオ相談・メール相談でお話を伺います

初期相談は全て無料です

弊社のような専門業者への相談はいろいろハードルが高いと思いますが初期相談はすべて無料です。

営業担当者も置いていないため追客行為も一切行いません。

課題に手をつけず化膿する・後手に回る・損失拡大する前に、とりあえずご相談ください。

お申込みフォームからお問い合わせ・相談予約

メールフォームにて24時間受け付けています。

リモート相談のご予約もこちらからどうぞ。

お申し込みフォームに進む? ?

メール/電話でのお問い合わせ・相談予約

メール

中国 022-2325-1521(日本語)

日本 03-6822-4350

Zoom / Teams / WeChat / Skype など、ご希望のオンラインツールでリモート相談も承ります。

Contact Us

お問い合わせ&相談予約フォーム

こちらから相談予約受付中!ビデオ相談・メール相談でお話を伺います

初期相談は全て無料です

弊社のような専門業者への相談はいろいろハードルが高いと思いますが初期相談はすべて無料です。

営業担当者も置いていないため追客行為も一切行いません。

課題に手をつけず化膿する・後手に回る・損失拡大する前に、とりあえずご相談ください。

お申込みフォームからお問い合わせ・相談予約

メールフォームにて24時間受け付けています。

リモート相談のご予約もこちらからどうぞ。

お申し込みフォームに進む? ?

メール/電話でのお問い合わせ・相談予約

メール

中国 022-2325-1521(日本語)

日本 03-6822-4350

Zoom / Teams / WeChat / Skype など、ご希望のオンラインツールでリモート相談も承ります。