【メール相談】中国の監事について

中国の監事について

Q:

監事というのは、日本での監事と、職務は同じでしょうか。日本の監事との違いがあれば、お教えください。

 

A:

中国の監事についてコメントさせていただきます。

●中国の監事について

日本と中国の監事に関する法規定を調べたところ、監事の位置づけについては両国で概ね同じでしたが、実務上の運用に違いがあります。

中国では、国有企業や上場企業の一部では監事制度が厳格に運用されており、その監事・監事会は法律で定められた職務を遂行しています。

このほか、弊社が調べた範囲では、外資系企業で監事会を設置しているところは比較的少なく、その多くは工商登記上の要件を満たすため形式的に1〜2名の監事を設置しています。

日常の経営活動において規定に則って監事の職務を執行することは少ないと思われます。

 

●監事の人選について

中国の「公司法」では、董事および上級管理職は監事を兼任できないと規定されており、誰が監事を務めるべきかという点については明確的な規定がありません。

これについて当局に照会したところ「監事の国籍や居住地は問わない」「会社の従業員以外でも構わない」との回答を得ました。

したがって、監事を決定する際は、その人が董事や上級管理職でないことを守っていただければ十分です。

 

以上、監事に対するご質問に回答させていただきました。

他にも確認点がありましたら、遠慮なく仰有ってください。

 

Contact Us

お問い合わせ&相談予約フォーム

こちらから相談予約受付中!ビデオ相談・メール相談でお話を伺います

初期相談は全て無料です

弊社のような専門業者への相談はいろいろハードルが高いと思いますが初期相談はすべて無料です。

営業担当者も置いていないため追客行為も一切行いません。

課題に手をつけず化膿する・後手に回る・損失拡大する前に、とりあえずご相談ください。

お申込みフォームからお問い合わせ・相談予約

メールフォームにて24時間受け付けています。

リモート相談のご予約もこちらからどうぞ。

お問い合わせフォームに進む>

メール/電話でのお問い合わせ・相談予約

メール

中国 022-2325-1521(日本語)

日本 03-6822-4350

Zoom / Teams / WeChat / Skype など、ご希望のオンラインツールでリモート相談も承ります。

Contact Us

お問い合わせ&相談予約フォーム

こちらから相談予約受付中!ビデオ相談・メール相談でお話を伺います

初期相談は全て無料です

弊社のような専門業者への相談はいろいろハードルが高いと思いますが初期相談はすべて無料です。

営業担当者も置いていないため追客行為も一切行いません。

課題に手をつけず化膿する・後手に回る・損失拡大する前に、とりあえずご相談ください。

お申込みフォームからお問い合わせ・相談予約

メールフォームにて24時間受け付けています。

リモート相談のご予約もこちらからどうぞ。

お問い合わせフォームに進む>

メール/電話でのお問い合わせ・相談予約

メール

中国 022-2325-1521(日本語)

日本 03-6822-4350

Zoom / Teams / WeChat / Skype など、ご希望のオンラインツールでリモート相談も承ります。