専門家の声06 井上直樹様

小島船長は「好奇心旺盛」な方。時々会社にお邪魔して閑談をさせてもらうのですが、その時でもメモとペンは片時も離さず、若輩なる私の言葉を書き留めて下さいます。異業種からの情報ですらも、貪欲に取り入れていこうという姿勢がみなぎっていました。これが「小島船」の原動力ではないかと思います。

最近、『キリンビール・高知支店の奇跡』という本が人気ですね。著者の田村潤氏は、「不毛の地」と言われた高知支店で、奇跡のV字回復を成し遂げ、最終的には代表取締役副社長にまで抜擢されます。同氏が成功を収めた秘訣は、津々浦々の人間性の違いに着眼点を置き、営業戦略を練ったことだと思います。同じ四国である高知と徳島でも、ビールの売れ方が全く違うことにも言及していました。

さて、こういった現象は、国土が日本の10倍以上もある中国では尚更のこと。ある地方で上手くいった戦略が、となり町で通用しないということは当たり前。市場は面ではなく、点で捉える必要があるのは中国でも同じなのではないでしょうか。

小島船長は、持ち前の好奇心で、天津現地法人という「点」を、労務・チーム作りという角度から深く掘り下げています。現に小誌『月刊JINマガジン』での連載は、今年(2017年)2月で117回目を数えるまでになりました。約10年近くも同じテーマをやっていて、ネタが尽きないというのは玄人裸足ものです。

まずは天津という「点」から、中国での事業を推進していきたという方にとって、小島船長は最良の指南役になってくれることでしょう。しかし、船長は「黙って俺の言うことを聞け」というタイプではありません。しつこい様ですが、じっくりと相談者の声に耳を傾けます。そして最終的には、顧客それぞれが独り立ちをした後の、中国という「面」への船出を後押ししてくれるでしょう。

蛇足ですが、小島さんの会社で淹れてもらうコーヒーはとても「深い味」がします。


天津日本語媒体 『JINマガジン』
日本語版コンテンツ 編集長
井上 直樹

お問い合わせフォーム

今現在、課題をお抱えの場合

経営者の仕事は、早く経営の成果を出すこと。利益体質を確立すること。万一現状維持すればするほど損失が大きくなるのであれば、早めに決断をくだすこと。悩まず即解決して先に進みましょう。労務・人事・組織・法務などで迷いや悩みがあったら、まずメールか電話で気軽に相談してください。

電話:+86-22-2325-1521(日本語)

受付時間:平日9:00~18:00(日本時間)

メール