セミナー/講座

19. ベテラン部下との付き合い方 ②

2019年10月22日
人事労務は海外経営の基礎

ややこしそうなベテラン部下との付き合い方について。前回は「純粋・素朴な質問の形で牽制球を投げる」を紹介しました。今回は「部下に相談してみる」。上から指示されてカチンとくることはあっても、誰かから相談されて嫌な気分になることは少ないと思います。相手が上司だったりすればなおさら。

相談する際のポイントは、最初のうちは本気の深刻な相談はしないこと。相手が答えに窮したり、「なんで私に聞くの?」と戸惑ったりするような質問を投げかけると、関係づくりにつながりません。

例えば、「次回の部の食事会は、みんなが行ってみたい最近人気の店にしたいんだけど、いいところ知ってる?」とか、「月末に日本から僕の家族が遊びに来るんだけど、二泊ぐらいで行けるいいところあります?」とか。これらであれば、何かのコメントはもらえるでしょうし、どんな反応がかえってきても「ありがとう♪」で終わらせることができます。

少し関係構築できてからの応用編で、部下たちから嫌がられそうなことを先にベテラン部下に相談するのもお勧めです。「実は本社から、こんな現地調査の依頼が来てて。みんな忙しいのに参りますよねぇホント。ただ、専務の発案らしいので放置はマズいです。来週の展示会準備があるのに、みんなにも答えてもらわなきゃいけないんですけど、どう頼んだら引き受けてくれますかね」。

部下がこれにどう答えたとしても、成り行き上、彼らが先頭に立って反対するリスクも下げられるはずです。

2019.10 BizChina誌

この記事を書いた人

小島 庄司Shoji Kojima

多文化混成組織の支援家、Dao and Crew 船長。
事業環境のシビアさでは「世界最高峰」と言われる中国で、日系企業のリスク管理や解決困難な問題対応を 15 年以上手がけ、現地で「野戦病院」「駆け込み寺」と称される。国籍・言葉・個性のバラバラなメンバーが集まるチームは強いし楽しい!を国内外で伝える日々。